最近は、インプットが多すぎて、アウトプットの時間が相対的に減ってきている気がする。

 

アウトプットしたときの、あの心地よさ。

便をひねり出したときにも通ずる、自分なりの答えを生み出したときの、あの心地よさ。

 

インプットでは決して得られない快感がある。

 

最近は、特に講座を受けたりして、インプットが増えてきている。

それは非常に大切なこと。

 

ただ、それだけでは半端な状態。

 

そのインプットを身に着けるためにも、アウトプットが必要。

インプットしたことを、自分というフィルターを通して、

自分の言葉で発してみる、

これによってはじめて、知識が身になるのだと思う。

 

そして、アウトプットには、世界を変える力がある。

というか、アウトプットなくして、世界を変えることはできない。

 

どんなに小さくても、大きくても、誰かに影響を、刺激を与えることができる。

それがアウトプットのすばらしさ。

 

★毎日、いつも、アウトプットしている人間でいる。
 これによって、自分に知識を定着させ、同時に小さな波紋を作り出していく。